宅地主任者試験の合格率と難易度

2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
受験者数 169,625 173,457 181,880 193,573 209,684 209,415
合格者 25,942 27,639 31,520 33,191 36,203 33,946
合格推定点 35点 32点 33点 34点 35点 33点
合格率 15.30% 15.90% 17.30% 17.10% 17.30% 16.20%

宅建主任者の試験は、毎年およそ20万人が受験をしており、3万人前後の人が合格しています。合格率は15~17%強で、合格ラインは満点の約7割。50問の出題で35問前後を正解できれば、合格できることがわかります。

宅建主任者の試験はそれほど難しくないという意見もありますが、それでも毎回80%以上の人が不合格に終わっている事実を忘れないでください。

宅建の試験問題は、全体的に見ますと決して難しいものではありません。基本的な用語の暗記と、法令等の理解が正しくマスターされていれば、高得点も可能な試験です。

しかし、宅建試験は一方で出題範囲が非常に広範にわたっています。一般に「宅建試験の合格までの学習期間は3か月」というような言われ方がされています。私は、この学習時間に疑問を持っています。わずか3ヶ月の準備ですと、受験生は学習準備をしっかりできないまま本試験を受けているのではないかと想像するからです。おそらく学習範囲が広すぎて、適切な学習方法を見つけられないまま、時間切れ本試験となっているのではないでしょうか?
合格率の数字だけ見ると、宅建試験の難易度は確かに高そうに見えますが、受かるはずの試験も、準備ができていなければ合格はできないのです。

宅建試験は、合格者の定員が限定されている試験ではありません。合格推定点と言われている35~36点を得点できれば、ほぼ確実に合格できます。
年齢・学歴などの受験資格も一切設けられていないため、過去には中学生が合格したという実績もあります。

きちんと学習準備をしていればほぼ確実に合格できる資格だからこそ、どのような勉強法の戦略を立て?どのような時間のペース配分で学習にのぞむか?試験勉強に先立つ、計画が大切になってくるのが宅建の試験です。

→宅建の試験内容