不動産に関する知識は、今後ますます重要になります。

宅建主任者の試験は、毎年20万人近くもの人たちが受験する人気資格です。
この受験者数は、数ある国家資格のなかでもトップクラスであると言えるでしょう。

私たちはみな、戸建住宅やマンションなど、建物の中で暮らしています。
学生さんはそこから校舎へ通いますし、お勤めをしている人はオフィスや工場へ向かいます。
昼食をするのも、お茶を飲み談話をするのも建物のなか、ショッピングや音楽を楽しんだりするのも建物のなかです。

私たちは一日中、いろんな土地や建物のお世話になっているわけですが、そうした不動産が街中に広がっている前提には、厳正で公正な「不動産の取り引き」が行われていることがあります。

お金や不動産が、人の生活から切っても切り離せないものだということを意識するようになりますと、 高度な専門知識をもって宅地建物の取り引きを行う宅建主任者の役割が、 世の中にとっていかに大切なものであるかということを、あらためて痛感させられます。

宅地建物取引主任者の知識は、不動産業界で働く方々にとってはもちろんのことですが、 一般の人々が、法律的な観点や、税金、ローンの視点から不動産を見ていう上でも非常に役立ちます。
また不動産業界の仕事でないにしても、土地の利用法や取り引き、価格などについての専門知識は、いずれの職業につく方にも大いに役立つことです。

このサイトでは、こうした宅建主任者の資格について、試験内容や学習分野を中心に解説しています。不動産に関する知識は、今後ますます重要になります。よろしかったら参考にしてみてください。

→宅建の試験概要